名古屋で税理士事務所に勤務しながらMBAを取得。税理士試験の突破した勉強法や自己啓発、節税や節約情報などの情報をお送りします。

やまそうの徒然なるままに

アフィリエイト

グーグルアドセンスの審査に通らない

投稿日:

もうすぐ2018年も2週間で終わりを迎えます。11月にブログ を始めて、もうすぐ1ヶ月経ちますが、ブログ を始めるにあたり目標としていたグーグルアドセンスの審査になかなか合格することができません。今のままでは、合格できないと考え一度、自分が更新してきたブログ を見直してみたいと思います。

グーグルアドセンスとは

グーグルアドセンスは、ブログ を書いている人にとっては知らない方が少ないのではないでしょうか?グーグルアドセンス(Google Adsense)とは自分が運営しているウェブサイトまたはブログ にgoogleが審査した広告を閲覧者がクリックすることにより、運営者にクリックされた分だけ収益として還元化される仕組みです。

現在、グーグルアドセンスの審査が厳しくなっており、私のように挑戦しては落とされるというなかなか手強くなっています。他のサイトでも、この条件で落ちた、合格したなどもはや都市伝説化してる模様です。

現状のブログ のコンセプト

現状のブログ のコンセプトは私が会計事務所に勤めていることから、会計事務所ならではの節税策や税務署との付き合い方を皆さんにお伝えすることをコンセプトにしています。

もともと、私の性格上、節約家ですし、株式投資などお金に関することに興味があるからこそ、現在の仕事を好きで勤めていますので、ブログ のネタを集めて書くことに関しては仕事の延長としているためストレスは感じていないつもりです。しかし、主の内容が節税策や相続など、既存の情報を元に自分なりに書くため、独自性は少なく感じます。

グーグルアドセンスに通らない理由はなにか?

グーグルアドセンスの利用を申請するとグーグルから合格か不合格かの連絡が来ます。合格であれば、何も問題ないのですが、不合格の連絡の場合、不合格の具体的な理由があるわけではなく、アバウトな情報でのみ知らせてくれます。ちなみに私の場合では、

・価値の低い広告枠(コンテンツが複製されているサイト)について
AdSense のプログラム ポリシーに記載されているとおり、ユーザーにとって価値がほとんどないページや広告の比率が高すぎるページには Google 広告が表示されません。これには、第三者が提供するコンテンツに付加価値を付けずに、コンテンツをコピーまたはリライトしたページが含まれます。詳細については、Google のウェブマスター向けの品質に関するガイドラインをご覧認ください。

との理由により、これを改善しなければ、合格はさせないと連絡を頂きました。価値がほとんどないというのは、少しへこみます。

ただ、ここでへこんでいる場合ではなく、どうしても審査を通過するためには、何らかの改善案を考えなければなりません。

今後のブログの運営を考える

コンテンツが複製されているサイトとして、Googleがみなされているため、法律論を説明する相続税に関する情報は、情報源のサイトが国税庁などになるため、税金に関する情報はグーグルアドセンスに合格するまでは控えた方がよさそうです。また、改正などの説明は他の会計事務所が同様に説明をするためこぴーしたとみなされたと考えられてもしょうがないかもしれません。

また、節税としての王道の小規模企業共済やセーフティ共済などの説明は中小企業庁のサイトから持ってくるため、同様の記事を書くと皆、同じ説明文となります。そうなった場合、意図していなくても、他のコンテンツから持ってきたと思われても仕方ないかなと考えます。このように考えると、現状、グーグルアドセンス用の記事としては税金関係の情報は向いていないのかもしれません。

 

Follow me!

-アフィリエイト

Copyright© やまそうの徒然なるままに , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.