名古屋で税理士事務所に勤務しながらMBAを取得。税理士試験の突破した勉強法や自己啓発、節税や節約情報などの情報をお送りします。

やまそうの徒然なるままに

株式投資

成長し続ける株を安く買う方法

更新日:

初心者が上場する3,600以上ある株式銘柄から「儲かる株」を見つけることは本当に難しいことです。また、見つけたとしても、既に株価が高騰してしまっていて、高値掴みとなり結果的に損してしてしまったという経験のある人も多いと思います。

今回は、長期的に株価上昇に期待できる株を、より安い株価で見つけ出す『成長バリュー株投資』の極意をお伝えします。

成長バリュー株投資とは

成長バリュー株投資とは大きな成長余地のある株を安い株価で購入し、長期間持ち続ける投資手法のことです。本来の実力より割安な株価で買うことで投資資金リスクも軽減することができます。

成長バリュー株投資が初心者にベストな3つの理由

理由1 安定成長する株は長くじっくり持てる

成長バリュー株投資はデイトレードなどで買われる銘柄とは異なり、長期保有を前提としているため、毎時の株価や毎日の取引に追われる必要がないため、下落上昇に一喜一憂することもなく、仕事中もソワソワせず、精神面においてもストレスを感じずに投資を行うことができます。

理由2 投資金額を抑えられる

成長しきった銘柄は株価が割高なケースが多くなります。成長バリュー株投資で買う銘柄は、上がる前に安く買うので、その分投資金額を抑えられるというメリットがあります。

理由3 身近な生活圏でもお宝銘柄が見つかる

株式投資をするうえで、「ビジネスがわかりやすい業界」から選ぶこともとても重要です。たとえば自分の生活に身近な外食や小売業界は、仕入れから利益をまでのビジネスの流れが想像しやすいし、出店数の増加などストーリーも分かりやすくお薦めです。また、外食や小売業界は実際に自分の目で確かめられるのもよいです。従業員の接客や客足、人気の出そうな新メニューなども簡単にチェックできます。

安く買う方法1 情報収集編

隙間時間でもデキる!催促で儲かる情報を得る方法

投資情報の収集はできるだけ短い時間でスマートに済ませることが鉄則です。そこでお薦めしたいスマホアプリ「STREAM(ストリーム)」です。

これは、STREAMに登録しているユーザー達がが銘柄やニュースに対してコメントしたり、お気に入りユーザーをフォローしたりできる、SNSに似たコミュニティ型アプリです。「注目タブ」「閲覧レベル」「役立つ!」などが可視化され、今ホットな銘柄や、有益なコメントを簡単に見つけやすいののもポイントです。

登録制だからこそできる有益な意見がゲットできる

また、本人確認を経た登録、ランクアップによる優遇制度などのせいか、某ネット掲示板のような不確実な情報や乱雑コメントが並ぶことは少なく、活発で有益な意見が多く飛び交っているのも魅力で、リアルタイムな情報を得ることができるでしょう。

安く買う方法2 銘柄発掘編

「スクリーニング」によるお宝発掘

まずは、下記の条件で有数ある銘柄から優良銘柄を絞ってみよう

  • 売上高伸び率10%以上
  • 営業利益率10%以上
  • 純利益伸び率10%以上
  • PER20倍以下
  • ROE10%以上
  • 時価総額30~300億

スクリーニング先の発掘テクニック

好業績であるということは株価の上昇に欠かせないポイントです。しかし、RIZAPグループのように、絶好調決算と見られていた銘柄が、蓋を開けてみたら下方修正で赤字転落、株価も暴落という悪夢も現実としてありえる話です。そこでここでは、指標スクリーニングの先の発掘テクニックを紹介します。

それは上記条件でスクリーニングをかけ、該当した銘柄の中で実際に店舗がある場合には実際に出向き、自分の足で確かめる方法です。この方法は外食・小売業に限定されてしまいますが、決算書ではわからない店の賑わいや、客・店員の顔つきを確かめることができます。

また、これらの業種は業績が株価に連動しやすく、「当たり」をつかめば安心して長期で保有できます。

安く買う方 売買術編

成長バリュー株投資は長期投資が大前提

短期売買とは違って、成長バリュー株投資は長期投資が大前提となります、毎日の株価変動に一喜一憂して、目先の利益にに飛びついたり、逆に損失に慌てて損切りして株を手放ししてしまうことは御法度です。

長期で着実な利益を出すことを考えて判断を行う

判断材料となるのが成長バリュー株投資に欠かせない「割安度」であり「成長力」です。あくまで材料の一つですが、買う際には割安度を、売る際には成長力の鈍化を理由にしてもいいでしょう。こういった基準を作っておけば、毎日の株価で一喜一憂することもなくなるでしょう。

感情は投資成績にマイナス影響を与える

株を売買するベストタイミングは、振り返ることはできても、「ここだ!」と予測するのは難しいです。とはいえ、利益を出すためには「安く買って高く売る」ことが不可欠です。では、そのタイミングはどう図っていくべきなのでしょうか?

大切なことは売買タイミングは株価だけを材料にして判断しないということです。株価は毎日動きます、感情に左右されて買った売ったを繰り返していてはただの丁半博打になってしまいます。かならず大やけどする時期は来るでしょう。

買うときは、成長力のある銘柄があらゆる指標で見たときに割安であることを、売る際には企業業績が自分の予想と外れたとき(成長力が弱まったとき)などを重視してください。ギャンブルではない、地に足のついた長期投資に心がけていきましょう。

 

Follow me!

-株式投資

Copyright© やまそうの徒然なるままに , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.